頭皮の悩みにスカルプシャンプー

不眠症は髪を弱らせ抜け毛が進行する?

不眠症は髪を弱らせ抜け毛が進行する?

もし不眠や夜に眠ることができない環境にあるなら、抜け毛は進行することはあっても治ることは難しいでしょう。

夜の睡眠はどんな毛髪ケアよりもずっと大切で、毛髪の健やかな育成の根幹をなす大事なものです。
なぜ睡眠がそれほど大事なのでしょうか。

成長ホルモンは睡眠中に活性化する

人は睡眠時に成長ホルモンを放出します。
寝る子は育つと言いますが、眠っている時に成長ホルモンが放出されるからです。

ただし、成長ホルモンは寝れば放出するものではありません。午後10時ごろから午前2時ごろまでが特に活性化する特徴があります。

抜け毛など、頭髪に問題がある場合は、まずは10時ごろまでに寝る習慣を付けましょう。

たかが寝るだけと髪が生えるのかと驚くかもしれませんが、良質な睡眠こそ、毛髪を含めた成長を促す大事な行動です。

人には夜に眠気を誘い、睡眠モードにする大事なホルモンがあります。メラトニンです。

メラトニンは体温を下げ、深い眠りを誘発させる大事な働きがあります。しかし一方でとてもデリケートで、強い光を目に入れただけで引っ込んでしまいます。

夜道でコンビニの強い光を見ただけでも不活性化し、不眠に陥らせてしまいます。

現代人は夜遅くまで働く人がたくさんいるので、夜と光の関係はなかなか断ち切れません。せめて眠る1時間前までには照明を暗くして、メラトニンが出やすい環境を整えましょう。

寝床にスマホやタブレットを持ち込むのは厳禁です。特にLED照明は眩しく、目に刺さるような鋭い光を発するため、睡眠を強く妨げてしまいます。

寝る前までスマホを見たい気持ちは分かりますが、グッとこらえて眠りましょう。それだけでも睡眠の質が改善されます。

必須アミノ酸、トリプトファンを摂取する

このメラトニンは、日中に盛んに分泌されるセロトニンというホルモンが変化して生まれたものです。
セロトニンは日光を浴びる(正確には、日光を目に入れる)ことで生成されます。

梅雨などジメジメして暗い日が続くと、なんとなく憂鬱な気持ちになることがあります。これは日照不足でセロトニンの生成が不足するからです。

緯度が高い寒い国ではセロトニン不足は深刻な問題で、冬季に鬱症状を発生することがあります。冬に曇りの日が多い沖縄でも、冬季鬱が比較的多いことが知られています。

この場合は強力な照明を浴びる、高照度光療法で改善を図ります。

さらに、セロトニンを生成するためにはトリプトファンという必須アミノ酸を摂取することが必要です。
このアミノ酸は肉類、魚、穀類、大豆などに多く含まれています。特に、白米と魚という和食はトリプトファンがたっぷり含まれています。

和食は過剰な動物性脂肪が少なく、カロリーも控えめでダイエットにも最適な食事です。もし不眠や目覚めが悪いなら、まずは和食中心の食生活に切り替えてみましょう。

通常の状態なら100mgもあれば十分ですが、不眠対策なら500~600mgは必要です。

和食で白米150g+鮭100gで400mgほどのトリプトファンが摂取できます。味噌汁を加えるとさらに多く取り入れることができます。

さらにトリプトファンは炭水化物の糖分で脳に届きます。糖質制限はトリプトファンを脳に届けることができなくなるため、バランスよく主食を摂ることが大事です。

効き目が出てくるのに1か月ほどかかることがあるため、まずは1か月は1日2食は和食にしてみましょう。

サプリメントでも代用できますが、過剰摂取は鬱を引き起こすことが知られています。比較的手軽に摂取できるアミノ酸なので、できれば食事で補いたいものです。

サプリメントで摂取するときは、必ず空腹時に他のサプリメントと時間を空けて服用しましょう。糖分を同時に摂取することも必要です。

トリプトファンからセロトニン、そしてメラトニンへ

さらに、トリプトファンの原料になるタンパク質は、髪の生成にも欠かせません。

アミノ酸は様々な種類があるため、様々な食品をバランスよく食べることが大切です。

  • トリプトファンを摂取する
  • 日光を浴びてトリプトファンからセロトニンを生成させる
  • 夜に照明を落とし、セロトニンからメラトニンを生成させる

この3つが重なって、良質な睡眠をとることができます。

夜勤などでどうしても日光を浴びることができなければ、高照度光療法用の照明器具(ブライトライトME+など)を使うと、改善することがあります。

睡眠だけでなく、起床時間を一定にしておくことも、メラトニン生成には大切です。起床時間が不安定だと不眠症になりやすいことが知られています。

現代は不眠症に陥る条件が整っています。眩しい照明や携帯電話、夜遅くまで点けっぱなしのテレビやパソコン、ゲームなど、不眠症になれと言わんばかりの環境です。

仕事帰りにコンビニに入り浸り、テレビを観たりするのは良い息抜きになりますし、ネットサーフィンもゲームも楽しいものです。

しかしその習慣が抜け毛を進行させていると知ると、素直に楽しめるでしょうか。

抜け毛を改善するためには、それらとは適度に距離を置いて良い睡眠に入れるように工夫をしましょう。

Return Top