頭皮の悩みにスカルプシャンプー

ごっそり抜ける…危険な脱毛症の基礎知識

ごっそり抜ける…危険な脱毛症の基礎知識

脱毛は男性だけが悩む問題ではなくなりました。現在は女性の脱毛が大きな問題になっています。

女性の脱毛には、生活習慣や老化などで起こるびまん性脱毛と、ストレスや病気などで起こる円形脱毛症などがあります。

ここでは放置しておくと危険な、しかし皮膚科などで治療ができる、びまん性脱毛症以外の脱毛症について説明します。

円形脱毛症

円形脱毛症は、赤ちゃんからお年寄りまで男女問わず起こる脱毛症です。ある日突然ごっそりと髪が抜けた場合、まずは円形脱毛症を疑いましょう。

頭のある部分の髪が円形または楕円形に抜けてしまうのが典型的な症状です。通常の脱毛では抜けない後頭部や側頭部の毛髪でも抜けてしまいます。

円形脱毛症は自己免疫疾患で、強いストレスやアレルギーが原因で発生すると言われています。

一部の円形脱毛症には遺伝性があり、家族に円形脱毛症の方がいる場合は注意が必要です。

身体の免疫機能が毛母細胞を間違えて攻撃してしまうことで発生します。

初期症状は「単発型」という1箇所だけの脱毛で、ストレスが原因の場合はストレスから解消されることで自然に回復することもあります。

しかし、重症化すると2箇所以上の脱毛が発生する「多発型」、さらに進行して脱毛部分が合わさり、髪全体を失う「全頭型」、頭髪だけでなくすね毛など他の体毛も抜けてしまう「汎発型」などがあります。

円形脱毛症(=自己免疫疾患型の脱毛症)でも、頭髪全体が薄くなるびまん性脱毛などを起こすことがあります。一般的なびまん性脱毛症に比べて進行が早い傾向があります。

重症化すると、頭髪以外の体毛も抜けていきます。髪と組成が近い爪にもトラブルが発生することがあります。これらは通常の抜け毛にはない症状なので、円形脱毛症を見分けるポイントになります。

皮膚科で治療は可能ですが、重症化すればするほど完治に時間がかかります。円形脱毛症を見つけたら、できるだけ早く脱毛に詳しい皮膚科を受診しましょう。
重症や難治性の場合は、大学病院などを薦められることもあります。

治療にはステロイド、セファランチンなどのアレルギー対策の薬剤を使います。

他にも紫外線を照射するPUVA療法、免疫抑制剤、かぶれを誘発する薬剤を塗ってあえて患部をかぶれさせ、狂ったリンパ球を変性させる局所免疫療法などがあります。

しかし円形脱毛症を発症する方はアトピー性皮膚炎を併発することがあり、治療に制限がかかることがあります。

難治型の場合は治療が長期間続きますが、焦らず余計なストレスをかけないことが大事です。

脂漏性(しろうせい)脱毛症

一般的に、頭皮の脂は抜け毛とは関係ないと言われています。

しかし過剰に脂を分泌するとマラセチア菌など真菌(カビの仲間)が繁殖し、かゆみや被れ、脱毛の原因になることがあります。その症状を「脂漏性脱毛症」と言います。

マラセチア菌は健康な人の皮膚にも付着する常在菌で、適度な数なら問題を起こしません。しかし過剰に脂を分泌すると、それをエサにして一気に増えてしまいます。

抜け毛が激しく、毎日シャンプーをして清潔にしているのに、頭皮が異様にベタつく場合は脂漏性脱毛症の可能性があります。特にフケやかゆみが気になる場合は、マラセチア菌が繁殖している可能性があります。

かゆみは頭皮だけでなく、鼻の周囲や背中などに広がることもあります。

脂漏性脱毛症の原因は、シャンプーなどが注ぎ切れていない、シャンプーが合わないなど洗髪に関するトラブルが挙げられます。

その他にも不摂生な食生活による栄養バランスの悪さ、脂っこい食事が続く、ビタミンB不足などがあります。

マラセチア菌を退治しなければ完治しないため、治療は真菌を退治する塗り薬を処方します。真菌退治ができるシャンプーなどもあるので、医師に相談してみましょう。

常在菌が異常繁殖するということは、身体が健康でない証でもあります。

シャワーでしっかり注ぎながらシャンプーを洗い流す、ビタミンB類を摂取し、ごはんと味噌汁中心の生活を心掛ける、できるだけ休む時間を増やし、疲れを翌日に持ち越さないなど、治療と並行して日々の生活を改善しましょう。

治療期間は個人差があります。

粃糠性(ひこうせい)脱毛症

ひこう性脱毛症は脂漏性とは逆に、乾いたフケが大量に発生することにより起こる脱毛症です。

乾いたフケが毛根を覆い、皮膚が呼吸しづらくなります。さらに常在菌が異常繁殖してかゆみが増し、脱毛を促進してしまいます。

原因は異なりますが、病気に至るプロセスは脂漏性脱毛症とほぼ同じです。

皮膚科で治療を続け常在菌の異常繁殖を抑えること、同時に自己免疫力を上げることが完治への近道です。

治療にはステロイドなどを使用します。

脂漏性脱毛症と同じく、頭皮に優しいシャンプーで優しく洗い、しっかり注ぎ落すことが大切です。フケが気になって強く洗いがちですが、手荒く洗うと却って悪化してしまいます。

常在菌を元の数に抑えるためにも、できるだけ免疫力を上げる工夫が必要です。腸内環境を整えると免疫力が改善するため、漬物や味噌などの植物性乳酸菌の入った発酵食品を日々少量づつ食べ続けると、改善する可能性があります。

Return Top