シャンプーが原因で抜け毛は増える?

6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

シャンプーが原因で抜け毛は増える?

抜け毛の原因については遺伝やストレス、生活習慣の悪化などが広く知られていますよね。

でも、実はシャンプーが原因で抜け毛が増える事もあるんです。

本来は髪の毛、そして頭皮を清潔にし、頭皮環境を良い状態に保ってくれるはずのシャンプーですが、使い方を間違えると逆に頭皮環境を悪化させてしまい、抜け毛に繋がります。

シャンプーが抜け毛の原因になるケースとしては、以下の2ケースが考えられます。

  • シャンプーの種類が原因の場合
  • シャンプーのやり方が原因の場合

シャンプーの種類が原因の場合

ドラッグストアやスーパーなどで安く売られているシャンプーは、洗浄力が非常に強くて頭皮への刺激(負担)が強いタイプのものがほとんどです。

シャンプーの洗浄力が強すぎると、頭皮の皮脂を根こそぎ洗い流してしまうので注意が必要です。

「皮脂はベタベタ頭の原因なんだから、根こそぎ落とした方がいいんじゃないの?」

たしかに皮脂が過剰にあると髪の毛がベタつき、見た目も不潔で、加齢臭がしてしまうこともありますし、もちろん余分な皮脂は抜け毛の原因になることもあります。

「じゃあ、やっぱり皮脂は根こそぎ洗い流した方がいいんじゃないの?」

いいえ、皮脂の落とし過ぎは逆に皮脂の過剰分泌に繋がってしまうんです。

どういう事かと言うと、皮脂は頭皮を乾燥や外部からの刺激(雑菌など)から守る働きを持っています。皮脂を落とし過ぎると頭皮が乾燥などでダメージを受けてしまい、そのダメージから頭皮を守る為により多くの皮脂を分泌してしまいます。

さらに、

皮脂が過剰に分泌されてしまうと、それをエサに常在菌が異常繁殖します。異常繁殖した常在菌は頭皮に炎症を起こし抜け毛の原因になることもあるんです。

このような理由から、洗浄力が強すぎるシャンプーは使わない方が良いです。

オススメなのは適度な洗浄力が頭皮に優しい「アミノ酸シャンプー」です。

シャンプーのやり方が原因の場合

間違ったシャンプーのやり方も抜け毛を増やしてしまう要因になり得ます。

例えば、シャンプー後のすすぎ洗いが足りないと、シャンプー剤が頭皮に残ってしまい、それをエサに常在菌が異常繁殖します。

他にも、シャンプー後はすぐに髪の毛を乾かさないと、常在菌の繁殖に適度な湿度と温度が保たれてしまい、これもまた常在菌が異常繁殖してしまいます。

常在菌が異常繁殖すると頭皮が炎症を起こしてしまいますので、抜け毛に繋がる恐れがあるんです。

抜け毛とシャンプーの関係を少し詳しく

シャンプーが抜け毛の原因になり得ることを簡単にご説明しましたが、シャンプーと抜け毛の関係についてもう少しだけ詳しくご説明しますね。

ヘアサイクルの乱れ

抜け毛の中には強く引っ張られて抜けてしまったものなど、外的な力が加わって抜けてしまうものもありますが、このような抜け毛はそれ程多くはありません。

抜け毛が増えてしまう最大の原因として多く見られるのが「ヘアサイクルの乱れ」です。

ヘアサイクルとは髪の毛が生え始めてから、寿命を迎えて抜け落ち、そしてまた生え変わる、という一連の流れの繰り返しを言います。

「髪の毛が生えるメカニズム」を参照

ヘアサイクルが乱れると髪の毛の寿命が短くなるので、当然ですが抜け毛が増えてしまいます。

ヘアサイクルの乱れは頭皮環境の悪化が原因

では、ヘアサイクルが乱れてしまう原因は何なのでしょうか?

原因として多く見られるのが「頭皮環境の悪化」です。頭皮環境の悪化とは以下のような状態のことを言います。

  • 頭皮が傷付いている
  • 頭皮が乾燥して傷んでいる
  • 頭皮が皮脂を過剰分泌している
  • 頭皮が炎症を起こしている

この他にも無理なダイエットや偏った食生活などの生活習慣の悪化、強いストレスなどもヘアサイクルが乱れてしまう原因になります。

シャンプーで起きる頭皮環境の悪化

ヘアサイクルが乱れる原因となる「頭皮環境の悪化」は、実は『シャンプー』が影響している事が多く見られます。

洗浄力が強過ぎるシャンプーを使っていたり、シャンプーのやり方が悪かったりすると、このような頭皮環境の悪化に繋がります。

頭皮環境を改善するために

抜け毛ケアでは「頭皮環境を改善する」、という事が非常に大切です。その為にも「正しいシャンプーの選び方」「正しいシャンプーのやり方」をきちんと覚えなければいけません。

第二回講座ではシャンプーの種類と、頭皮環境を改善するのにオススメのシャンプーをご説明します。

このページの先頭へ

サイト内検索