頭皮の悩みにスカルプシャンプー

髪は正しく洗えば怖くない。抜け毛改善のための洗髪

髪は正しく洗えば怖くない。抜け毛改善のための洗髪

シャンプーでごっそり頭髪が抜けると、もう髪を洗いたくないと怖くなることがあります。

しかし、頭髪はきちんと清潔にしなければ、脱毛は増える一方です。

抜け毛の原因は様々ですが、使っているシャンプーやリンス、コンディショナーが頭皮に残ってダメージになっているのかもしれません。

もしもそれが原因なら、正しく洗うことで改善が期待できます。

頭皮を清潔にしていないと…

頭皮を清潔に、というのは毛髪対策の基本ですが、そもそも頭皮を不潔にすると何が起こるのでしょうか。

髪が生える毛根には、皮脂腺という脂を分泌する管があります。ここから出る脂で頭皮や頭髪を保護し、保水能力を高めます。

しかし脂は長時間置くと酸化し、それだけでも頭皮を痛めてしまいます。

さらに皮脂と汗が混じると細菌にとって繁殖しやすい環境になり、悪臭や抜け毛、フケの原因になります。
頭皮を清潔にすることの大切さが分かりますね。

現在はむしろ、シャンプーなどの選択や使い方のミスで頭皮を痛めるケースのほうが多いかもしれません。

シャンプーはそれだけでも刺激のあるもので、しっかり洗い流さないと頭皮にこびり付いたまま離れず、皮膚呼吸の妨げになります。

発疹などの皮膚トラブルの原因になることもあり、フケなどの原因になります。

シャンプーやリンスを頭皮に残さないように、きちんと洗い流すことが大切です。どれだけ皮膚に優しい原料を使っていても、洗い残しがあれば台無しです。

正しい洗い方で抜け毛予防

正しいシャンプーの仕方は、頭皮にダメージを与えず、古い皮脂や汚れを洗い落とすことです。できればマッサージも兼ねて、頭皮の血流が促進できれば完璧です。

皮脂や汚れは、流水でもある程度は落とせます。「湯シャンプー」という、シャンプーを使わない流水だけの洗髪で抜け毛改善を試みる方もいますが、それほど流水には洗浄効果があるのです。

シャンプーはよく泡立ててから、そっと頭髪に乗せるのが基本ですが、洗う方向にも注意が必要です。

上から下に洗うと髪を余計に引っ張って抜けやすくなり、弛みの原因にもなります。洗うときは下から上に、優しく洗いましょう。

コンディショナーやリンスは、頭皮にできるだけ触れないようにします。

これらを総合すると、以下の方法でシャンプーをすれば、頭皮の汚れが原因の抜け毛は軽減できます。

  • 温かい流水でよく髪を注ぎ、しっかりと洗い流す。
  • シャンプーをよく泡立てて頭髪に乗せたら、下から上にゆっくり洗う。
  • 爪を立てず、指の腹で心地よいくらいの強さで洗うことで、頭皮のマッサージになり血流が促進、抜け毛予防にもつながります。
  • 流水でしっかりシャンプーを流す。泡が見えなくなっても、見えないこびりつきがあるため、少ししつこい程度まできちんと洗い流すこと。
  • コンディショナーやリンスは多く付けすぎず、適度に流水で流し落とす。

始めは面倒かもしれませんが、習慣付けるとこれでなければ気持ち悪くなってきます。抜け毛をこれ以上増やさないためにも、頑張っていきましょう。

見落としがちな問題・洗う時間

シャンプーをする時間も重要です。

髪が一番成長する時間帯は、成長ホルモンが盛んに分泌される22時~翌2時ごろです。夜勤など難しい場合を除き、できるだけシャンプーは22時ごろまでに済ませておきましょう。

成長する時期に清潔にしておかないと、皮脂や汚れで折角の頭髪成長を邪魔してしまいます。

この成長ホルモンを分泌するには、メラトニンという睡眠促進ホルモンの分泌が欠かせません。メラトニンは昼に太陽の光を浴びることで生成されます。

頭皮に紫外線を当てすぎるとダメージを受けるので、帽子や日傘などでガードしながら、適度に日光浴を楽しみましょう。寝つきが良くなり、すっきり眠れると共に育毛促進にもつながります。

「頭皮の凝り」に要注意

抜け毛に限らずどんなトラブルにも、リラックスが一番大切です。

頭皮に両指の指の腹を当てて、グリグリと回してみましょう。もし頭皮が動かないなら、かなり緊張している証拠です。

緊張すると血液の循環が悪くなり、毛髪に栄養が届きにくくなります。その結果、抜け毛が増える原因になります。

リラックスすると頭皮は適度に動きます。

頭皮の凝りは、目の疲れや肩こりと直結します。デスクワークが多い方は適度に目を休め、肩こり改善のストレッチをすることで頭皮の血流も促進します。

あまりに急激に抜ける場合は皮膚科へ

しかし、上記の話はあくまで、普通より抜け毛が増えた時に対処できる習慣です。

一度に数百本抜けることが数か月続く、短時間に髪が半分ほど抜けた、という場合は脱毛症の可能性があり、自己防衛だけでは対処できません。

病気なので、迷わず皮膚科を受診しましょう。

ホルモンバランスの異常など、思いもしない原因が見つかることもあります。

軟膏などの塗り薬や内服薬などを使いますが、ストレスを溜めない環境を作ることが一番大切です。

Return Top