頭皮の悩みにスカルプシャンプー

皮脂が詰まることによる抜け毛防止策

皮脂が詰まることによる抜け毛防止策

皮脂が詰まることが直ちに抜け毛の原因になるかは賛否両論で、はっきりとしません。しかし多すぎる皮脂は頭皮トラブルの一種なので、出来れば改善したほうが良いでしょう。
なぜ皮脂が詰まるのか、どうすれば改善できるかご紹介します。

髪の洗いすぎはNG。

皮脂が気になって一日何度もシャンプーをすることは、かえって症状を悪化させます。なぜ皮脂が分泌されるかを知ると、その仕組みが理解できるでしょう。

毛根の近くにある皮脂腺は、頭皮や頭髪を保護するために脂を分泌します。

しかし、過剰なシャンプーで脂を洗い流しすぎると、皮脂腺は「すぐに脂が流れてしまう!もっと出さねば!」と判断して、ますます多く脂を分泌してしまいます。

どれだけシャンプーをして脂を流しても、生きている限り脂は出てくるのです。適正な脂を出すためには、シャンプーは1日1回程度に止めましょう。

始めは皮脂が浮かんで大変かもしれませんが、徐々に落ち着いてきます。
どうしてもベタベタして耐えられないときは、お湯だけでシャンプーしてみましょう。お湯だけでも汚れの70%が落ちることが分かっています。
いきなり改善することはできませんが、気長に対処していきましょう。

シャンプーの見直しも必要かもしれません。
市販の石油成分由来のシャンプーはサッパリ洗い上がることを優先させているため、皮脂を過剰に取りやすい傾向があります。

出来れば刺激の少ない、頭皮や頭髪を保護する成分を配合したシャンプーのほうが良いでしょう。

そしてシャンプーは、たとえ刺激が少ないものであっても頭皮に残りやすい傾向があります。シャワーでしっかりすすぎ落とし、泡が消えてもしばらくすすぎましょう。

きちんと落ち切ったかは、洗った水を洗い桶に貯めるとすぐに分かります。少しでも泡立ったままなら、まだシャンプーが頭皮や頭髪に残ったままです。

現代人の薄毛や抜け毛は、このシャンプーの残りが頭皮に残ったせいだと言われています。貯めた水が泡立たなくなるまで、しっかりと洗い落としましょう。

シャンプーの洗い残しは皮脂を増やし、薄毛や抜け毛を増やす元凶です。

トリートメントやリンスも、頭皮を汚す元になります。出来れば薄毛の人は使わないほうが無難です。

皮脂汚れが落ち着くまでは、リンス代わりに椿油やホホバオイルなど、天然オイルでコーティングしてみましょう。

脂っこい食べ物、ジャンクフードは控えましょう。

皮脂は、食生活でも変化します。
和食のような、あっさりした食事をしていると、徐々に皮脂が過剰に分泌されることは少なくなります。

しかし油で揚げたものやジャンクフード、乳製品で出来たお菓子などは塩分過多、砂糖も多く、動物性脂肪がたっぷり。栄養バランスも崩してしまいます。

汗を過剰に出して皮脂詰まりを促進してしまう、トウガラシなどの刺激物も危険です。肝臓を酷使して髪の原料になるタンパク質の生成を阻害するアルコールも良くありません。

たまのお楽しみなら良いですが、毎日このようなものを摂取すれば、皮脂が過剰に出るのは当然の成り行きでしょう。

揚げ物は蒸し物に変え、主食はお米中心にして、できるだけ野菜を多く摂取するようにしましょう。いきなり改善は難しいですが、だんだんと落ち着いてくるはずです。

適度なダイエットも試みましょう。ただし過剰なダイエットは逆効果

もし医学的に肥満(BMI25以上)なら、ぜひダイエットに挑戦しましょう。
肥満は薄毛や抜け毛に深くかかわりがあることが知られています。何故肥満が抜け毛と関係があるのでしょうか。

肥満が進むとコレステロール値が高くなり、血流がどんどん悪くなります。

毛細血管など、細い血管は詰まって通れなくなることもあります。
そうなると頭皮などの血流が阻害され、毛根に十分な栄養が送れなくなり抜け毛の原因になります。

何より怖いのは、肥満になれば皮脂の分泌も高まることです。

肥満は生活習慣病や卵子の在庫を減少させるなど、体に様々な悪影響を及ぼします。お菓子やジャンクフードを買い食いする習慣をなくすだけでも効果があるので、できるだけコンビニには寄らないようにしましょう。

ただし、BMI18以下まで落とすと痩せすぎで、これも危険です。

痩せすぎると代謝が落ち、栄養不足になり毛髪の成長が阻害されます。抜け毛や薄毛を促進してしまう大きな原因になるので、体重は適正範囲に止めましょう。

適度な皮脂は頭皮や頭髪に必要なもの

適度な皮脂は頭皮や頭髪を保護し、育成を助ける大事なものです。
皮脂に覆われた頭皮は見た目のインパクトは大きいですが、綺麗にしていれば健全な毛髪が育つかといえば別の話です。

昔の人は週に数回しか髪を洗わないのに、現在ほど女性の薄毛が問題にはなっていませんでした。現在これだけ薄毛の症状が増えているのは、皮脂の取りすぎが原因ではないかと言われています。

多すぎる皮脂はトラブルの元なので、過剰に働く皮脂腺を落ち着かせるためにも、まずは洗いすぎに気を付けましょう。

皮脂を取りすぎない頭皮ケアが大切です。

Return Top