頭皮の悩みにスカルプシャンプー

産後の抜け毛「出産後脱毛症」とは

産後の抜け毛「出産後脱毛症」とは

女性の抜け毛はホルモンバランスが崩れたときに起こりやすい傾向があります。

産後は赤ちゃんを出産した疲労と、二人分の命を維持し続けた体がやっと元に戻れるとばかりにホルモンの大きな調整が起こります。

産後の抜け毛はショックですがよくあることで、決して老化したわけではありません。大半は改善していくものだということを理解すると、冷静に対処しやすいでしょう。

(まれに改善せず、悪化することもあります。詳細は後述します。)

なぜ産後に抜け毛が発生するのでしょうか。

出産後脱毛症のメカニズム

産後の抜け毛は「出産後脱毛症」と呼ばれる脱毛症の一種です。

病名が付くと不安になるかもしれませんが、そのメカニズムを見ると安心するでしょう。

女性には大きく分けて二つのホルモンがあります。生理後から排卵期まで分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)、排卵後から次の生理(または出産後)まで分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)です。

普段はこの2つのホルモンはバランスよく分泌されますが、妊娠すると出産直前まで黄体ホルモンがどんどん増えていきます。

黄体ホルモンには妊娠を継続させる力がありますが、毛根の成長を促進させ、抜け毛を減らす効果もあります。

この黄体ホルモンのおかげで妊娠中は毛根の力が強くなり、抜け毛が減り、髪の量が増えます。しかし出産すると黄体ホルモンも妊娠前まで急速に減るため、今まで増えていた髪が一気に抜けるのが出産後脱毛症の仕組みです。

「出産後に一気に髪が抜けた」というよりは「妊娠中にドーピングで増えた髪の量が元に戻った」だけ、というのが出産後脱毛症の正体です。

あまり不安にならず、上手に休みながら様子見をしていきましょう。通常なら半年ほどで抜け毛は落ち着き、1年で元に戻ると言われています。

ホルモンバランスを戻すことが大切

出産後脱毛症は、出産後3か月くらいから始まる傾向があります。

本来はゆっくり休み、体調の改善を図ることが一番の対処法ですが、新生児を抱えているととてもそんな悠長なことは言えません。

できる限りで良いので、以下のことを実践していくと比較的治りが早くなるでしょう。

  • 赤ちゃんは一人で育てようとせず、パートナーや親、公的機関などと連携して育てる
  • 午後10時から午前2時までは毛母細胞が活性化する時期なので、この時間はできるだけ寝るように心掛ける
  • 日々の食事にイソフラボンが豊富な大豆製品を取り入れる。(食べ過ぎるとホルモンバランスを崩すので程々に!)
  • 産後ダイエットは程々にして、正しい食生活を

すべてを実行するのは難しいですが、できるだけ実践していくと悪化することなく、ゆっくり回復していくことが期待できます。

びまん性脱毛症への移行に注意

しかし、疲れが抜けない、産後のストレスでうつ状態になった、などの理由で心が休まらないと、ホルモンバランスを崩したままになり、やがて「びまん性脱毛症」に移行することがあります。

びまん性脱毛症とは、髪全体が薄くなり、艶を失う女性特有の脱毛症です。男性は髪の一部を一気に失いますが、女性は全体的に徐々に減っていくため、気付くのが遅れることがあります。

びまん性脱毛症は放置しても治りません。半年しても抜け毛が減らない場合は必ず皮膚科にかかりましょう。適切な処置をすれば改善することが多いのです。

びまん性脱毛症の詳細はこちら

甲状腺機能低下症

産後の抜け毛の原因の一つに、甲状腺機能低下症も挙げられます。

甲状腺とは喉にあるホルモンを分泌する内分泌器官で、基礎代謝の維持や促進、全身のあらゆる機関の成長を促す、重要な器官です。

特に甲状腺機能低下症は出産後に発生することがあり、女性の20%は何らかの甲状腺疾患を患っているとされています。

治療が必要な人はそれほど多くありませんが、甲状腺の病気は不育症の原因になるため、二人目以降の子を願うときは厳密な経過観察とホルモン剤の投与が必要です。

この甲状腺ホルモンは毛髪の成長も助けるため、機能が低下すると毛髪の成長が阻害され、寿命も短くなります。

甲状腺は、一度弱ると復活することはありません。チラーヂンSなど甲状腺ホルモン剤を内服しながらホルモンバランスを安定させます。

甲状腺機能低下症は、産後うつの原因にもなる恐ろしい疾患です。いつまでもフラフラしたままで耳鳴りがする、ずっと心が塞ぎこんだまま、生きているのが辛いと感じるほど酷いときは、今すぐにでも甲状腺科に受診しましょう。(近所に甲状腺科が無い場合は内科でも可)

ホルモン剤を飲めば、直ちに心身とも回復します。もちろん抜け毛も徐々に収まっていきます。

ホルモン剤と聞くと不安になるかもしれませんが、足りないホルモンを補っているだけなので、服薬量さえ間違わなければ副作用はないとされています。治る病気ではありませんが、症状が治まったら服薬を少なくしたり止めることもできます。

重症な場合でも、服薬を調整しながら元気に暮らしていくことはできますので心配いりません。

お年寄りでも老化で甲状腺の機能が衰えて、認知症のような症状が出ることもあります。甲状腺は抜け毛から産後うつまで、様々な問題を引き起こすわりには認知度が低い病気です。

最後に

出産後脱毛症は、徐々に治まってくる脱毛症です。
新生児のお世話をしながら体調を整えるのは大変ですが、赤ちゃんやご家族と楽しく暮らしていくことが最大の対処法になります。

頭皮マッサージなどでリラックスすると毛髪への血流量が増え、さらに効果が増すでしょう。

Return Top